英雄は歌わない

世界で一番顔が好き

次善の策/あなたと私が他人でなくなる唯一の方法について

アイドルは人間である。しかしただの他人だ。私は自担と同じ場所で同じ空気を吸ったことはあるけれど、"会った"ことはない。彼は(彼に限らず私が今まで現場に行ったことがあるすべてのアイドルがそうだけれど)今までの人生で一度たりとも私を1人の人間として…

No where, now here

山下智久さんの10000字インタビューを読んだ。私の周りでは「読めてよかった」「今だから言える話だなあ」といった言葉少ない感想をぽつぽつ見かける程度で絶賛も否定もあまりみなかったので、何を書いてあるか特に事前情報を入れていない状態で読んだ。感想を一…

買いたい受容と買いたくない需要/愛の値段は言い値でつけて

先日(と言ってももう結構前だが)初めてホストクラブに行ってきた。加藤シゲアキ著『チュベローズで待ってる』に影響されて軽率に。(オタクすぐそういうことする) なんの自慢にもならないが私はそれなりにクソ真面目な高校時代とそれなりにクソ真面目な大学時…

親は人間だ/プロトタイプAとB

こと親子関係において、私はずっと逆らうだけが能みたいな生き方をしてきた。 2018年7月20日放送の『NEWSな2人』を見て自分の思春期を思い返した。「学校は堅苦しいから行かない」「学びたいってなったらそこから学び始めればいい」というこまっしゃくれた女…

私から彼を奪う人

NEWSの6人時代の曲の中でも特に思い入れがある楽曲の1つに『share』がある。6人時代のNEWSが、6人で作詞作曲した歌。NEWSだから、この6人だから作れる歌だと思った。嵐じゃなくて関ジャニ∞じゃなくてKAT-TUNじゃなくてNEWSだから作れる、NEWSだけの歌だと本…

垢抜けたら人生おいしくなくなった話

こんにちは、凡庸な不美人です。東京に出てきてから6年、随分垢抜けたもんだと思う。自分で言うことでもないけれど、私は年々綺麗になってゆく。髪を綺麗にして、眉を整えて、頬を淡く染めて…そうやって、鏡の中の私の憎むべき要素を一つ一つ消していくのは…

私の悪意のいくところ

あなたの好きな人のファンが嫌いだから、あなたの好きな人のことも好きになれない と面と向かって言われたことはあるだろうか。 私はある。今までに二度。どちらも言いようのない脱力感に包まれて、適当に笑ったような気がする。あなたの好きな人のファンが…

NEWSは私なのかもしれない

NEWSは私なのかもしれない。 と今年のFNS歌謡祭第一夜を見て思った。頭が沸いている。なんでなのか自分でも本当にわからないんだけど徳永英明さんと歌うテゴマスを見た後ひくほどボロボロ泣きながら、どう考えても思考がバグってるんだけどNEWSは私なのかも…

メッセージを受信しました/君が思うより世界は優しい

高校生の頃、とても大事で大好きな人がいた。弱くて甘くて卑屈でそのくせプライドは高くて、望むように生きれない理不尽さに世界を恨んでいる人だった。 私がその人に出会ったのは、彼の人生がもっとも暗くもっとも上手くいっていない時期だった。友達もそう…

どっちのお花畑ショー/ワンプレートでやって来る

言いたいことがあまりにも沢山あってなんかもうめんどくさいので何も考えず全部つらつら書いてしまおうと思う。まとまりなくてごめんね。 ・におわせとプロ意識とそれから、「誠意を見せろ」「謝れ」「一言謝れ」「弁解しろ」「もみ消すな」という単語を、こ…

信じている、ということ/私と小山慶一郎さんの話

NEWSのLIVE TOUR、Neverlandの福岡公演に行ってきた。会場に着いてはしゃいで、ライブは楽しくて、増田さんの前髪と示談に至って*1、とにかくとにかく楽しかった。 福岡初日、スクリーンに小山さんが映し出された1番最初の瞬間、大歓声が上がった。それはも…

二兎を抱いてゆけ

1年と少し前、「一個人のあなたそのものを愛しているわけじゃなくて、擬似人格の『あなた』が好きで応援している。『あなた』の輝きが減ってしまうからあなたの恋愛を見たくない、隠し通されていたい」という話をブログに書いた。 アイドルに対して恋愛感情…

ピンクときいろ/2枚綴の切符で運命の船に乗った

今年のQUARTETTOツアーに一緒に入った方と「テゴマスコンに行きたいですね〜」という話をしているときに、ぽろりと「私、今年の後半にコヤシゲが舞台、テゴマスがツアーをやって、テゴマスはそこで解散か活動休止かもしれないなあってちょっと思うんですよ」…

存在の必要と不在の不要/人間増田貴久論

NEWS QUARTETTOツアーのマイ初日とマイ楽(という名の前楽とオーラス)が終わりました。あーーーーーNEWSが好きだなああああああ。明日もこのコンサート入りたいなああああああああ。と思いながら日常生活へとご帰還です。余談ですがオーラス翌々日から出勤時…

私がJr.なら尊先はきっとKAT-TUN

こんばんは、お久しぶりです。ご縁があって、5月1日KAT-TUNの10ks!コンサートのオーラスに参戦してきました。本編ラストの挨拶で初対面のフォロワーさんに縋り付きそうになるくらい泣いて、たくさん叫んで最後は笑って、まだ熱が冷めやらぬ思いです。(嘘です…

拝啓 世界のどこにも二度といないあなた

あなたが好きです。 伸びやかな声で歌っていたあなたが好き。カメラを前にするといつもふざけてみせたあなたが好き。おどける時に決まって持ち上がった眉を見る度、なんだか無性に愛しいです。本当はもっと柔らかな声が好きなはずなのに、「俺上手いんだよ!」…

顔認証〜オクとメイギと、しばしばソウバ〜

嵐のコンサートについに顔認証が導入されるらしい。Twitterでの反応は様々で、私のもとに流れてくるのはどちらかというと賛多めだったが全体的には賛否半々か、賛6~7割くらいなのかな?という印象だった。私個人の意見としては、嵐に関しては今回のやり方に…

優等生と自転車少年/君が集めた銀河の砂を世界一綺麗なキセキにするよ

世の中には2種類の人間がいる。やるべきことをすぐにできる人間と、期限ぎりぎりまでやらない人間だ。残念ながら私は完全に後者に分類される人間である。 というわけで本当はピングレプレゼン会のパワポを作らなければならないのをいったん置いておいてNEWS…

映画『ピンクとグレー』感想/余裕で翔べないすべての人へ

映画『ピンクとグレー』2度目の鑑賞を無事終えた。1度目は公開初日の朝イチの回を観たのだが、小説『ピンクとグレー』を読み直す時間がなかったのでちゃんと読んでからも観たいなあと思って2回観た。あと1回は渋谷で観たかった(初回はスケジュールの都合がど…

他Gの印象後輩編

来春もしくは下半期の自分のための覚え書き Twitterに書いたやつの改訂増補版 誹謗中傷の意図は全くない ・Hey! Say! JUMPの印象 薮:帝王とゴボウ兼任の美声マン。JUMPの要。 光:オードリー春日の想い人。万能なポンコツ。 髙:田舎のギャル。声かっこいい…

NEWS担年齢分布アンケート〜4700人にきいてみた〜

・はじめにNEWSにCMのお仕事が来た。やばい。超かわいい。犬と戯れる加藤さん、水の滴る手越さん、もぐもぐ顔を披露する小山さん、天使の寝顔で微笑む増田さん……。やばい。どストライク。 元気になローソン♪以来のこの姿*1*2、しかもツボをつきまくりのこの…

『星』に手が届くまで――舞台『TRUMP』および『リリウム』感想

フォロワーさんがあまりにも熱烈にダイレクトマーケティングを展開していてつい興味をそそられたので、舞台『TRUMP』を観に行ってきた。舞台をまともに見るのは初めてだったのだがとてつもなく面白かった。「満足できなかったらお金返すから観て!!!」とま…

僕の後ろに道はできる

何を書いてもなんだか違う気がして、自分の心を自分の言葉で掬いきれなくて、これ以上なにか書くことに意味があるのかよくわからない。けれど、Twitterで見かけたたくさんの言葉の中にすとんと胸に落ちたものが2つあった。少しだけ書く。とても短いので前記…

君が幸せでありますように/君の幸せでありますように

4泊6日でタイに行ってきた。人生初の海外旅行だ。旅行自体はとても楽しかったのだが、ネットがほとんど使えないのがネックだった。ちょうど『四銃士』リリース日がど真ん中にあたる日程だったため、WSも各種番組もほぼほぼ見逃すことになる。ホテルのフリーW…

87年と87年/僕たちは違う生きものだから見つめあって手を繋ごう

2015年11月12日、テゴシゲ界に激震が走った。 11月11日、手越さんの誕生日当日がNEWS RING更新日に当たっていた加藤さんが「ごめん忘れてたわ明日更新すんね!!!(要約)」との投稿をしたところまではよかった。「短文でも謝罪入れるあたり、しれっと木曜更新(N…

加藤シゲアキの声がある/君はビターセクシースパイシー

四銃士のフルがあれこれびっくりで未だびっくりしていますこんばんは。攻めたね?超攻めたね?超超テレビでやりづらそry 私はそれほど多くのジャニーズ楽曲に触れてきたわけではないし、曲のつくりに強く着目するタイプではない。ないので、なんの分析もして…

0.担当

http://ichigonokimi.hatenablog.jp/entry/2015/10/17/204842 エッセイ書きたかったけどなんにも思いつかなかったので都々逸をいくつか。 星の海なら 溺れないでしょ 潜っていてよね 永遠に 愛してるよと 叫んでみるけど ほんとは知ってる 愛じゃない 心に形…

NEWS4人の"っぽさ"について

コンサートで三角形のペンライトを振りたい欲が湧き出てやまない。なぜ三角形限定なのかというと、2013年幸福魂のペンライトが四角で2015年純白魂のペンライトはハート型だったからである。□、♡と来たらそれはもう▽が来るしかない、来てほしい。来てください…

ジャニオタが自分が恋愛できない理由について本気出して考えてみた

前記事でアイドルと恋愛、結婚について考えながら、15分に1度くらいの頻度でとある虚しさに襲われていた。なんで私、見ず知らずの好きでもない(※恋愛対象として好きではない、という意味で)他人の恋愛に口出してるんだろう…どっちかっていうと自分の恋愛につ…

『あなた』にお金を払っているのだ

アイドルと恋愛に関して、自分がお金を払っているものに関して色々と考える機会があった。色々、というのは多分ほとんどの人が容易に想起できる最近の様々な出来事のことだ。大野さんの熱愛疑惑報道やアイドルの恋愛禁止裁判、それから国分さんをはじめとす…