読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英雄は歌わない

世界で一番顔が好き

加藤シゲアキの声がある/君はビターセクシースパイシー

NEWS 加藤シゲアキ

 

四銃士のフルがあれこれびっくりで未だびっくりしていますこんばんは。攻めたね?超攻めたね?超超テレビでやりづらそry

 

私はそれほど多くのジャニーズ楽曲に触れてきたわけではないし、曲のつくりに強く着目するタイプではない。ないので、なんの分析もしておらず単に印象の問題なのだが「ジャニーズの曲でこれはなかなか珍しいのでは?」とぼやーんと思う。イントロで長めにオーケストラ演奏が流れること、サビがソロ歌唱+追従コーラスであること、ソロパートの配分がテゴマス/コヤシゲで極端に1番2番に別れていること、などが私が感じた「珍しい」の中身だ。

この「珍しい」は多分そのまま「テレビでやりづらそry」の中身でもあって、まあ要するにだからこそ目新しく感じるんだろう。私はあまり気にかけたことがなかったけれど、アイドルグループの曲というものは通常TVサイズにカットすることも考慮にいれ、メンバーの魅せ場をどう散らすかを熟慮して作られているんだな!と感動した。そして今回そういう「アイドルソングのイロハ」をうっちゃったことにはちゃんと意味があるんだなあとも思ってますます感動した。すごい、ジャニオタ楽しい。

 

ただ、今のところ好きな場所は増田さんの大サビと加藤さんソロの「天高く」(特に「く」を伸ばすとこ)の2ヶ所でどちらも2番なのでTV披露する時カットされたらかなしい。笑

 

 

4人になってから、新しい曲が出来る度に「シゲ、歌上手くなったなあ〜」と思う。「上手い」じゃなくて「上手くなった」だ。それから、「シゲがいてよかったなあ」と。

残念ながら私は、加藤さんの歌が上手いと思ったことは1度もない。何分自分が音楽に関する素養が皆無であるため、音程の正確さや音域の広さなどがわからないのも関係していると思う。私にとって歌の上手い/下手はかなり感覚的な判断に基づいていて、早い話が私の耳には加藤さんの声が馴染まない。今後加藤さんがどれほどの訓練を積んでめちゃくちゃ正確な音程やどちゃくそ広い音域を手に入れたとしても、声質が変わらない限り「歌上手い!」と思うことは多分ない。

(一応言っとくと上手い/下手と好き/嫌いはまた別の話)

 

加藤さんが加藤さんの声である限り彼の歌唱力を高評価することは出来ないくせに、「シゲがいてよかったなあ」と思う理由もまた彼の声だ。自分でもなんだか矛盾している気がするけど、本当に心から思う。加藤さんの声がNEWSにはまだある、加藤さんがいてくれてよかった。NEWSの曲を聴く度にいつも思っている。

 

 

 

6人時代のNEWSを好きになった私が彼らの声を満足に聴き分け出来るようになるまでにはそこそこの時間が掛かった。

・「P亮シゲの誰かなのか、コヤテゴマスの誰かなのか」は結構簡単に分かるようになった。

・それから「Pシゲのどちらかなのか亮シゲのどちらかなのか」と、「手越なのかコヤマスどちらかなのか」がほぼ同時並行で分かるようになったと思う。強いて言うならテゴorコヤマスの方が先かな。

・次が「山下くんなのかシゲなのか」

・で、最後まで分かったり分からなかったりしたのが「亮ちゃんなのかシゲなのか」

・そして現在進行形でよく間違えるのが「小山なのかまっすーなのか」である。(増田担なのにね!!!)

 

実際には音程とか音域を考えたら「P亮シゲ」「コヤテゴマス」で二分出来たわけではないのかもしれないが(コヤマスの方が加藤さんより低音域だという話をちょいちょい本人達もしてるし)(P亮とコヤマスの音域比較トークが聞けることはこの先なさそうなのが残念無念)、なんとなくの声の印象として「男っぽい声のP亮シゲ」と「柔らかめ高め(?)の声のコヤテゴマス」というグループ分けをしていたのは私だけではなかったように思う。コヤマスの聴き分けや亮シゲの聴き分けに苦心している人を他にも見たし、ここはどっちが歌ってるのかな?という話もそこそこ見かけた。

錦戸くんは明らかに歌が上手くて、シゲは明らかに歌が下手で、それなのに2人の聴き分けが難しかった理由は今も分からない。でも、似ていたなと思う。これは私だけなのかもしれないけど、Porシゲなのか、亮orシゲなのかはしばしば迷うのに何故かP様なのか亮ちゃんなのかはあまり迷わなかった。うるうるした声のコヤテゴマスと、水分少なめニコチン多めのP亮シゲとが同じ人数なのが好きだった。合わさると不思議と溶け合って、NEWSだけの歌声になった。

私にとって「NEWSの歌声」とはそんな「『3人と3人が合わさった6人』の歌声が混ざったもの」だった。個々のメンバーの聴き分けこそ難しくとも、嵐は嵐、エイトはエイト、そしてNEWSはNEWS、と同じような男性ユニゾンでもグループによって声が違うこと、聴くだけでどのグループなのかハッキリ分かるのが不思議で面白かった。ちなみに今はこの3組にHey! Say! JUMPTOKIOSMAPを含めた6組のグループとしての声が分かる。あれ、TOKIOってこれに含めていいのかなまあいいや。NEWSの歌声が好きだった。

 

 

NEWSから山下くんと錦戸くんが抜けた時、ショックを受けてなんにも言えない自分とこれからのことを考えている自分がいて、後者の自分が気になっていたのが歌割変更のことだった。

声質のことを考えて歌い継ぎしたら全部シゲパートになっちゃうんじゃないの?wwwと想像してちょっと笑った。

もちろん蓋を開けてみればP亮パートをまとめて加藤さんが引き受けるなんてことになっているはずはなかった。歌割変更に関してはちゃんとまとめている方が既にいらっしゃるので詳しい言及はしないが、なんだかんだで割と均等に4人で埋め合わせをしている。(該当記事見つけたら後で貼ります)

加藤さんは元々のソロパートが少ないので均等に割り振った結果自パート率は大分高まったが、4人の中で飛び抜けて受け持ち箇所が多いということは全くない。ないけど、でも、今一番存在感があるのはある意味加藤さんなのではないかと思う。

 

私にとってNEWSのユニゾン=「3人と3人の歌声が混じったもの」だった。そして今、私の耳にはNEWSの歌声は「1人と3人が混じったもの」に聴こえている。すなわち「シゲ+コヤテゴマス」である。これは声域や音程とは(多分)全く関係なくおそらく声質(?)によって生じている感覚だと思われる。

NEWSを知った頃に比べると高くなったと思う。柔らかな声の勢いが増したと思う。特に、小山さんの歌唱力の上昇によってコヤマスの歌声がどんどん似てきているのも大きいのだろう。4人NEWSは6人NEWSに比べて爽やかで柔らかだ。でも、全くの別物かというとそんなことはないのだ。この「全く違うというわけではない」と言える最大の要因が加藤さんの声なのではないだろうか。低く独特だった山下くんの声、バンドマンみたいで魅力的だった錦戸くんの声はもうない。けれどまだ加藤さんがいる。

3人+3人は1人+3人になった。もし、もしも錦戸くんと山下くんと共に加藤さんもいなくなっていたら、今のNEWSは3人。あの頃あった二要素のうち片方を完全に失っていた。山下くんにも錦戸くんにも少しずつ似ていた加藤さんの声がまだあるから、今のNEWSの歌声はあの頃とまだ似ている。これからも似ている。今とあの頃は違うけれど、どちらの歌声を聴いても「あ、NEWSだ」と思える。これはきっと不幸中の幸いなんだろう。

スモークしたみたいな加藤さんの声がちゃんと聴こえる。少しがさついた声と化粧水みたいな果物みたいな声が合わさっている、というあの頃の印象がまだちゃんとある。歌声というの観点のみから見れば、あの頃と今とを接続しているのは絶対に加藤さんだ。スモーキーでスパイシーな声をユニゾンの中で拾う度、NEWSはちゃんとNEWSだなあと思える。錦戸くんの声、山下くんの声がないのはそりゃあ寂しいけど、まぁいいかな、これも好きだな、って思わせてくれてるのは、私にとっては加藤さんなのです。

 

 

そしてもう一つ、私にとっては決定的に重要な存在意義が加藤さんの声にはある。それはテゴマスとの差別化要素としての役割だ。

何度も前述しているが、小山さんと増田さんは歌声が大変似ている。増田さんの方が無性的な歌が似合うとか小山さんの方が失恋ソングが似合うとか思ったりはするので、全く同じというわけではない。(聴き分け出来てないやつが何言ってんだって感じですけども。笑) 同じというわけではないんだけど、似ているという事実は否定しようがない。加えて、歌唱力という物差しでコヤマスを測るとまず間違いなく増田さんに軍配が上がる*1。だから多分、コヤテゴマスの3人の歌声とテゴマスの2人の歌声との間に決定的な差異を生み出すのはとても難しい。

ところが加藤さんは違う。まあ歌唱力という点ではコヤシゲはテゴマスに叶わないんだろうけど、でも加藤さんの声は今のNEWSで唯一無二のものだ。手越さんにも増田さんにも小山さんにも真似出来ない、NEWSでたった1人のビターボイス。もしも加藤さんの声が小山さんと似ていたら、P亮だけが旧NEWSのスモーキー担当だったら、「NEWSだから出来ること」「テゴマスじゃなくてNEWSだから出来る表現」の幅は今よりずっとずっと狭かっただろう。

6人の中の2人と4人の中の2人では意味合いが全然違う。差別化の難易度も段違いだ。しかもNEWSではどうしたって歌を引っ張っていくのはテゴマスになってしまう。今、NEWSとテゴマスは両方が生きていくために結構な苦戦を強いられているような気がする。NEWSに加藤シゲアキがいる、NEWSに加藤シゲアキの声があることは、立派な武器の一つなのではないだろうか。

 

 

昔のNEWSの歌声も今のNEWSの歌声も好きだ。NEWSも好きだしテゴマスも好きだ。どっちもちゃんと尊んでどっちもちゃんと愛していられるのは加藤さんのビターでセクシーでスパイシーな声のおかげだったりするの、私だけじゃないんじゃないの?って勝手に思ってます。加藤さんのラフロイグみたいな声があるNEWSがとってもとっても大好きです。

 

 

 

ちなみにちなむと、なんか声質的な意味で若干加藤さんをディスってるぽいですが貶したいわけではないのです一応。実際、こんなにも歌が不得手に聴こえてしまう声があるの!?とはじめは驚いたものだけど(ついでに相葉さんも同じ枠だったりする)、そんな自分の声を最大限活かす術を模索し続ける加藤さんてすごいと思う、ほんとに。ラジオの声とかすーーーごい耳馴染みがよくていつまででも聴いてられるし、少し加工を掛けた時の魅力はピカイチな声だと思います。『Fighting man』をミュージックステーションで披露した時の拡声器使ったパフォーマンスとか最高に素敵だからディスク配って回りたいくらい。

多種多様な音楽に興味を示すしソロ曲は一貫して作詞作曲両方手掛けている加藤さんが色々な声の使い方をしてくるところも含めて『安心と信頼のシゲソロ』だなって。

 

そんでもって好みとか聴こえ方って多分十人十色千人千色です。私は二宮さんとか内さんの声がとってもとっても好きで、大野さんの方が上手いとは思うけど二宮さんの声に何度でも撃ち抜かれるし渋谷さんより内さんのソロパートの方がグッと来ます。でもきっとそうじゃない人もたーーくさんいる。大野さんの声が1番好きって人も松本さんの声が1番好きって人も丸山さんの声が安田さんの声が錦戸くんの声がっていろーーーんな人がいる。その中には加藤さんの歌声がもう本能とか感性とかでどうしようもなく好きな人も当然いるでしょう。そしてそんな人にとって加藤さんの声はきっと、かえしが強烈にでかくて1度刺さったら絶対抜けない魅力を持ってるんだろうなあと思うのです。

というわけでそんな風に加藤さんの歌声に胸貫かれてるタイプで不愉快に思った方がいらっしゃいましたらほんとにすいません。そしてそういうタイプの方で「加藤さんの歌声はラフロイグっぽい」っていう私の感想に共感してくれる方は是非握手してくださいお待ちしてます。

 

 

ベストアーティストの出演決定おめでとうー!やったー!

あと増田さん入所おめでとうございます大好きです。

四銃士に伴うあれやこれや全部楽しみだ〜!♡

*1:歌唱力がなんなのかは曖昧だけど音程の広さとか音程の正確さとか声量とかハモる時のつられなさとか的な感じ